第96話 そういやどうなった?ぶっちぎれた棘上筋をくっ付ける手術から3ヵ月!痛みは?可動域は?どんだけ負荷かけていいんや?

今日で断裂した棘上筋をくっ付ける手術からまる3ヵ月が経った。

 

 

まとめると

 

昨年7月3日に友人の本山とボクシングのミット打ちをしていて、右ストレート打った瞬間に肩にゴリっという衝撃と軽い鈍痛。

痛みを10段階で言えば4ってところか?

『ッチ!やっちまったなー気つけよー。』くらいの感想。

『軽い捻挫』とタカを括って放置。

2週間後、用事で岩手県へ車で向かうも、静岡越えた辺りで突然激痛へと痛みが変貌!

 

なんじゃこりゃ!

 

しかし耐えられない程では無いのでそのまま運転していると目的地到着5分前に肩の筋肉を内側からデカ目のペンチで思いっきり抓られているかの如く。

10段階で言うと1300!!

 

いたーーいーーー!!!

アッーーーーー!!

 

っと叫びながら運転する俺を苗子はどうみていたのだろうか、、、?

 

あまりの痛さに腕がピーンとなっている。

f:id:k2411219:20200131203104j:image

無事岩手県の用事を済ませて大阪に帰ってきても一向に痛みは引かない。

 

近くのクリニックを受診すると『あー筋肉切れてるかもしれんなー専門の先生紹介するわー』

 

そしてMRIや動作テストを経て付いた診断は、棘上筋断裂!!

 

俺『まじかよ、、、まさか切れてたとは!先生、いつ手術ですか?』

先生『今手術が立て込んでましてな、、、11月1日ですな。』

俺『11月!?まだ7月半ばぞ!?』

俺『して、どれくらい入院するんですか?』

先生『6週間ですね!11月に手術してから、全治8ヶ月です!』

俺『なにっ!?』

 

なんと2ヶ月半ほどこの激痛を我慢した上、6週間の入院を経てリハビリに通い続けて治るのは来年の7月とな!?

 

それからは地獄やった。
出勤に車を使うので、悲鳴を上げながら運転。
駐車券を取る時など『かぁーー!!』っと叫びながら腕を発券機に伸ばす。

 

1番厄介なのは夜間痛!!
起きている時はマシなんやが、布団に入るとマジで肩にクロコダイルが噛み付いてデスロールしてる幻覚が見えたからな。

、、、アレほんまに幻覚やったんかな?

今思えば現実やったかもしれん。

 

叫んで起きて、夜中気休めに近所を徘徊しに行って、マシになったら布団入ったら再びデスロール。
地獄やった。
勿論睡眠不足で手術まで2ヶ月半のトータル睡眠時間は30時間切ってたで。

 

知らんけど。

 

 

 

10月30日、入院前日。

受傷から手術までに約4ヶ月が経過していた。

f:id:k2411219:20200131203520j:image

その間ほとんど動かせなかったんで、少し右腕が全体的に萎縮しているのがわかる。

 

さぁ、2019年10月31日!
心臓の入院で始まり肩の入院で終わる1年!!
去年は健康な期間2ヶ月だけ
、、、最高やったな。


f:id:k2411219:20200131203242j:image

1日は心の準備に使い、翌日いよいよ腱板損傷、、、棘上筋の縫合手術!!
全身麻酔やってさ、、、怖い!

 

弾性ストッキングを履いて
f:id:k2411219:20200131203235j:image

腕には何やら点滴。
f:id:k2411219:20200131203222j:image

 

看護師さんにこっちの腕やで!っと間違わないように矢印を書かれる。
以前どっかで間違えた先生とかいるんかな?f:id:k2411219:20200131203226j:image

手術に入る前にBGM選択できたっけな。
西野カナを聴きながら全身麻酔かけられるというシュールな体験が出来たのは大きな財産である。
看護師さんに連れられ手術室に入る俺にはドナドナがお似合いやったがな。

f:id:k2411219:20200131204944j:image

 

 

麻酔から何故か目覚めるとお菓子や飴が大量に!!

 

『そうか、、、やはり手術は失敗して、、、天国に来れたんなら、まぁそれも良し、、、』
f:id:k2411219:20200131204941j:image

 

天国に来れた自分の徳の高さを感じつつ、、、いや、なんか違う!!

 

『頭痛がする、、、は、吐き気もや、、な、、、なんっちゅーことや、このかずやんが気分が悪いやと?このかずやんがあの医者に麻酔をかけられ、立つことができへんやと!?』

 

全身麻酔により身体がズッシリ重い上、右腕に打たれた麻酔がガッツリ時間外労働しているので暫くは指先一つマジでピクリとも動かなかった。その違和感に強烈な吐き気を覚えたぜ!

 

それより、オシッコの管は入れないと聞いていたが、麻酔が効いてる間にしっかり突っ込んでるじゃねーか!!

f:id:k2411219:20200201105130j:image

これを抜くときの痛みときたらそりゃもうッッッ!!!
今度こそ〇〇〇にクロコダイルが噛み付いてきてデスロールされてるかと思った程!!

 

どうやら俺は生きていて、しかも地獄らしい。

 

『ふふ、本当の地獄とは現世かよ、、、まさにこの世が生き地獄よ!』

 

、、、達観している場合じゃない!

 

先ずは目の前のお菓子を流し込み体力を回復せねば!!

f:id:k2411219:20200201105348j:image

 

 

色々キツかったが、初めての全身麻酔、、、乗り切ったぜ!!

軽く10年は老けたが、手術は5時間くらいで終わったらしい。

 

さぁ、これからが大変やった!!


この装具にて右腕を完全固定。
外す時は着替えるときの3分程のみ!
それ以外は 23時間57分つけっぱなし!

 

f:id:k2411219:20200131210451j:image

妊婦さんが寝返りできないっていうけど、、、1ヶ月でもきっついで!!

 

そして1週間位してやっと風呂に入れた。

 

それまでは看護師さんに一度頭を洗って貰ったけど、それ以来なんか忙しそうな人に声を掛けにくい、、、堂々と『看護師さん、頭洗ってやー』と言えない俺は綺麗好きの大汗かき。

 

 そんな時、同じく看護師の苗子が外泊時に頭を洗ってくれたのは本当にありがたかったぜ!

f:id:k2411219:20200131212006j:image

 

風呂に入る時はこの水濡れオッケーの装具をナースステーションまで借りに行って慎重に付け替える。

f:id:k2411219:20200131211548j:image

f:id:k2411219:20200201082201j:image

因みに肩を動かすと爆痛。
少しでも動かしたらアウトやで!!
装具を付け替える時が本当痛かったなー。

 

傷口はこんな感じ。

f:id:k2411219:20200201082533j:image

 

5ヶ所穴開いてたで

もっとブラックジャック並みに縫い目がバリバリで、知らん人がみたら『コイツ、潜っているな、、、修羅場をッッッ!!』
みたいな事を言われて一目を置かれてみたかったんやが、ここは小さく済ませてくれた先生に感謝やで!

 

ふと体重計に乗ると、80キロオーバー!!
何回リバウンド繰り返すねん、、、泣きそうになるけどそんな暇があれば動け!!
挫けたら終わりやからな!

 

f:id:k2411219:20200201082917j:image

 

術後1週間もすれば入院中にも関わらず、ウォーキングしたくなるくらいには回復!
f:id:k2411219:20200201082938j:image

 

友人からの差し入れの筋トレチューブを使い
f:id:k2411219:20200201082441j:image

 

動ける範囲で筋トレやで!

f:id:k2411219:20200201082926j:image

 

午後からはジムまで行って60分の自転車マシンで汗をかくぜ!
f:id:k2411219:20200201082933j:image

 

 

午前45分から60分のウォーキングと午後からジムで筋トレや60分の自転車マシンを週5回。

これは雨でも欠かさなかった。

 

 

そして術後1ヶ月経つと、、、
ついに装具が外れた!!

 

 

開放感と装具への謎の喪失感が交差する。
別にもう少し付けといても、ええんやで、、、。
f:id:k2411219:20200201082922j:image

しかしそうも言ってられない!
なんと1ヶ月の固定は俺の右腕を使い物にならない程弱らせていたのだ!!

 

腕をダランと下げると腕自体の重みで、肩が痛くなってくるので、ウォーキングや軽く走る時はこのようにバックで腕を引っ掛けると随分楽やったで。

f:id:k2411219:20200201082930j:image

 

 

肘関節を90度辺りで固定していたんで、筋肉が固まって肘を伸ばすと痛い。
しかしこれは装具を外して15分も有れば痛みは消えた。
2、3日もすれば肘に関しては真っ直ぐ伸びるし痛みもほぼ無くなったで。

 

手首の回内、回外の可動域も装具を外して暫くしたら自然と回復していた。
今でも思いっきり捻ったら肩に痛みが現れるけど、まぁ自然に消えていくやろう。

 

装具を外してから10日ほど経ったある夜、、、。

 

何気無しに自分の現状を知りたく、動かすなと言う先生の言いつけを破って、右腕を目一杯力を入れて上げてみたが、なんと90度持ち上がらず!!

これ以上はびくともしない!
左手を添えるともう少し上がるんやが、痛みが酷くて断念。
f:id:k2411219:20200201082912j:image

この後、案の定のたうちまわる。
しばらく大変やで、、、。

 

まだ縫合した筋肉や組織、骨に打ち込んだアンカーが安定してないから、自分で動かす時は必ず左手を右手に添えて負荷の掛からないようにと念を押されていたので、こういう行為はやったらアカンらしいが、、、自己判断で色々と。

 

とにかく暇やったんよ!

 

それからも少しづつ病院でリハビリやジムで筋トレを行なう。
装具が取れるとトレーニングの幅も一気に広がる!
ケトルベルのスウィングは右手を添えるだけでも可動域の訓練になった。

f:id:k2411219:20200201112235j:image

嫌いやった脚トレにも目覚める!
悪いことばっかじゃ無いで!!
f:id:k2411219:20200201112232j:image

 

そして12月15日、ついに退院!!
病院ダイエットの成果もいい感じやで!
1ヶ月半で3キロ減や!

f:id:k2411219:20200201085637j:image

 

しかし右腕に関しては先生曰く『家に帰っても暫くは絶対使わないで、右腕を使うのは歯を磨くのが限度と思って下さい。例え人より回復が早くて、右腕をブンブン振り回せるとしても、この怪我の回復は段階があります。全治8ヶ月と言ったら8ヶ月なので、それに沿ったリハビリマニュアルで回復を目指します』

 

という事を告げられ、俺は病院を後にした。

 

先日検診に行った時も『右腕で1リットルのペットボトル以上の物は持たないで下さい』と念を押されたんやが、、、痛くない範囲で少しでもいいから動かすくらいは問題無いやろ。

 

はじめは下半身のトレーニング中心やったが昨日から上半身もトレーニング開始やで!
負荷は肩に違和感の出ないギリギリのラインを責めるで!
装具取れてすぐ上半身の筋トレした時は

f:id:k2411219:20200201110701j:image

これはとんでもないと一旦断念したが、、、

 

『今ならいけるぜ!!』っと昨日筋トレした時は、ある程度形になってきたので、筋肉を鍛えるというよりは、寝ていた神経を起こす作業。
サイドレイズなどの肩関節の外転種目はまだまだ先やで。
フリーウェイトなんかマジで自殺行為なので、チェストプレスとシーテッドローなど、マシンを使い、軽い負荷で安全を確保して行う。
f:id:k2411219:20200201082942j:image

 

そして術後2ヶ月半もすれば

 

 

登山!!まぁ転倒したら終わるんで、登山など絶対しないように!!!

f:id:k2411219:20200201110933j:image

 

肩より高く上げなければ軽作業は問題無し!

f:id:k2411219:20200201111214j:image

 

 

11月1日〜2月1日までの3ヶ月!

 

左右差は依然変わりなく!!

f:id:k2411219:20200201090142j:image

 

前方挙上は?

f:id:k2411219:20200201091013j:image

 

横から。

うーん120度ってとこか?
f:id:k2411219:20200201091935j:image

 

この動作が痛い!!

先生は捻りの入る動作は最後まで残ると言っていたが、、、激痛!!
f:id:k2411219:20200201091002j:image

 

頭は洗えるけど、、、
f:id:k2411219:20200201090950j:image

 

腕と反対側の肩甲骨は触れない。
ってか耳すら触れなかった。
f:id:k2411219:20200201090958j:image

 

結滞動作に関しては元々硬かったのがもはや絶望的に、、、

f:id:k2411219:20200201093608j:image

 

 

そしてこれが問題!!

 

先程120度くらい上がった前方挙上は2リットルのペットボトルを持つと90度も上がらないではないか!!
全く力が入らない、、、いや、力は入っているんやがこれ以上は上がらないのだ!!


f:id:k2411219:20200201091010j:image

 

 

 

上記の肩周りの可動域の低下は筋肉や腱が硬くなっているのもあるが、それ以上に関節を包んである袋、即ち『関節包』が腕の長期固定により硬くなっていると見た!

 

怪我の後は筋腱を伸ばすストレッチに目がいきがちやが、この関節包を意識してストレッチすることにより、元の可動域を取り戻せるはず!

 

試す価値はあるで!


f:id:k2411219:20200201091007j:image

 

まだ完治まで5ヶ月あるからな。
ここで言う完治は何かしらの選手が競技に復帰できるレベルを言う。
全治8ヶ月の内、日常生活に戻るなら6ヶ月くらいの段階で十分やろうが力仕事やスポーツしたいなら話しは別やで。
ぶっちゃけ多少腕が動かなくなっても問題無いんやけど、まだ若いんやし、狙うならそこまで回復したいやんか、、、。

 

焦らず、お医者さんのペースと自分のペースの間取る感じで独自に治療しても面白いでな!

 

もし棘上筋を痛めて困っている人や、さぁ、これから棘上筋断裂するぞ〜っと息巻いている人がこのブログを見たなら、決して参考にしないで欲しい。

 

そう思うと同時に、こんな雑な奴でも一応回復はしてるんやなーっとその部分は参考にして頂ければ幸いです!

 

 

怪我や病気した時こそ、暗くならず、前向きにやで!!

 

そういや、俺はこの怪我のおかげでタヌキTシャツのモチーフとなる彼に会えて嬉しかった。

f:id:k2411219:20200201113018j:image

 

寒い中震えながらも耐え忍ぶタヌキにどれだけ元気を貰ったか!

 

タヌキTシャツには『前に出ろ、後ろに下がるな』と書いているが、『怪我したからって凹むんでたまるかよ!』っとその気持ちをTシャツにして未だに一枚も売れていない珠玉の一品!

 

f:id:k2411219:20200201124922j:image

 

お買い求め下さる方はかずやん商店でよろしくお願い致します!

https://suzuri.jp/kazuyan241

 

さぁ、まだまだ良くなる気しかせん!
今日も走りに行くでー!