退院は日曜日!あと三日やけど、、、なんか病院シックな感じで戸惑う。

さぁ、いよいよ退院やで!

 

先輩方は次々に退院し、新しく入ってくる新入り(60〜80代)も次々に入れ替わり3回転くらいしたんちゃうかな?

 

毎日顔を合わすので、なんとなく仲良くなってくる内に、おじいちゃんの身の上話を聞かされ、遂には名前も知らないおじいちゃんの奥さんの浮気相手が池田さんって事まで知ってしまう。

 

毎日病院を抜け出し、タバコを吸う80オーバーのおじいちゃんもいた。

看護師さんにタバコを取り上げられても財布や服の内ポケットに一本忍ばせる。

 

ある日タバコじいは『看護師のやろう、とうとうライターまで取り上げて腐ってからに!』そう言い放つとズボンに手を突っ込み股間から予備ライターを取り出して悠々と一服。

 

『こりゃ相当長生きやぞ、、、下手すりゃ俺の方が早えんじゃ、、、』

そう思い呆れると同時に、頼もしいお爺ちゃんやなと感心。

 

そんな事を思いながらも遂にキッチリ6週間が経った!

 

いざ退院目前となると病院に一抹の寂しさを感じる。

看護師さんや先生もみんな親切で気さくに話してくれる。

 

何より嫁の苗子が1日も欠かさず仕事終わりに病院によってお風呂に入れてくれたり、話し相手になってくれた。

これに対しては感謝とか言う生ぬるい言葉じゃ言い表せない。

これからは本当に健康に気を使い迷惑をかけないようにしなくては!!

 

俺の入院しているこの病院は隣町。

隣町とは言え、車で通過することはあってもじっくり練り歩くことは今後ありえない。

 

そんな微妙に遠いこの街を退院する前に少し散策してみた時の事だ。

 

俺はいつもの午前の検温が終わると街へと繰り出す事に。

泉大津、、、地名は馴染みあるんやが、あんまり用事も無いし、友達もいない街。

そんな所をこうやって徘徊する事なんか無いから新鮮やで!

 

ん?

 

ナニコレかわいい!

 

羊!

f:id:k2411219:20191213075531j:image

ここにも!
f:id:k2411219:20191213075534j:image
ここにも!!
f:id:k2411219:20191213075521j:image

ここにも!!!
f:id:k2411219:20191213075524j:image

うちの羊犬を思い出すぜ!
f:id:k2411219:20191213075517j:image

 

どうやらこの羊は『おづみん』と呼ばれる編み物好きの羊の妖精との事。

そしてこの泉大津はなんと毛布国内シェア9割を誇る毛布の街だったのだ!

なるほど、毛布の原料が羊の毛だから所構わず羊が描かれているんかー。

 

ん?ならば何処かに羊がいるはずやで!

ならば好物のジンギスカンにありつけるかも!?

 

そう思い街を探し回るも羊は一匹も見当たらず、、、。

 

『なんでや、、、これだけ羊を謳って一匹もいないなんて、、、そんな訳は無い!必ず何処かに、、、!!でも、、、』

 

 

途方に暮れた俺は遠くから何かの視線を感じる。

歩き疲れ、疲労困憊により神経が研ぎ澄まされた今の俺なら半径100メートル以内の全ての生き物の気配を感じ取れる!

間違い無い、羊や!!

 

 

『貴様、こっちを見ているな!!』

 

 

 

f:id:k2411219:20191213085338j:image

f:id:k2411219:20191213085943j:imagef:id:k2411219:20191213085948j:image

 

遂に見つけたぞ!

タヌキッッッ!!

 

え、タヌキ、、、?

TNK!?

 

そう!いない羊の幻を躍起になって探し回っていた俺を嘲笑うかのように、茂みからタヌキが顔を覗かせ此方を見ているではないか!

 

『化かされたか!?手負いとは言えなんたる不覚ッッッ!!』

 

2020年、、、民間人が月に旅行へ行く時代に、、、人工知能が人類の選択肢を超えるこの時代に、、、あろう事か、まさかタヌキに化かされるとは、、、!!!

 

幸い周りには人もいない、、、。

しかしこのタヌキが

 

タヌキ『こないだかずやん化かしたってさー。今時タヌキに化かされるとかある??必死に羊探しててマジで草』

 

とか世間に触れ散らかす可能性も多いにある。

 

、、、摘み取るか。

 

『悪いがタヌキ、遊び半分でチョッカイ出すには相手が悪かったな。見つけたタヌキは煮て焼いて食う。人間社会の慣しや、、、。沈黙するのは羊ではない、お前や!!』

 

ん?

f:id:k2411219:20191213091424j:image

 

この日は風も強くおじいちゃんが寒波がどうとか言ってたような、、、。

 

よく見ると寒くて震えてるで。

 

 

そう、このタヌキは訳の分からない都会に迷い込み、少ない茂みに身を潜め、それでも生きるために餌を探して暮らしている。

よく見るとまだ若そうだ。

 

タヌキは生きる事に懸命なのだ!!

 

それに比べて俺はどうや!?

 

病気、怪我、入院を繰り返して、人に迷惑かけて、、、挙句病院シックやと!?

 

バカか俺は!

 

このタヌキ、、、いや、タヌキさんは俺の遥か上をいってるじゃないか!!

 

寒さ、飢えに耐えながらも都会の片隅で車に轢かれる危険もありながら、それでも懸命に生きるタヌキさんに欠いたリスペクトを恥じ、俺は病院へと帰った。

 

色々あった入院生活、、、腕は未だに上がらない。リハビリはこれからやけど、出来ることは山ほどある!失った選択肢を補って余りある新しい選択肢を手に入れた!

 

これを選ぶか失った選択肢に未練たらたらで時間を無駄に過ぎ去らすかは俺次第やで!!

 

そう気づかせてくれたタヌキさんに感謝やで!

 

f:id:k2411219:20191213154403j:image

 

また会おうタヌキさん!!