第68話 もう沢山や、、、やっぱり切れてた棘上筋!関節唇も欠けてたよ、、、鎖骨が太いから1ミリ削ろうね大手術!!

以前から右肩が痛い痛いと嘆いていた俺。

 

見た目が変わらないので伝わりにくいんやが、本当に痛かった。

 

痛すぎて長らくブログも出来なかったし、ダイエットは歩くのが精一杯。

多少の成果は出たが、半年で16キロ体重を落とした相方の本山に比べると微々たる物!

ふざけんな、真面目にやりすぎやろ!

 

とにかくもう3ヶ月近くも経つのに、痛みが治る気配もなく、、、なんでこんなに痛いんやと、先日再度クリニックへ受診。

 

先生は『こんなに痛いのは恐らく筋肉が切れてるかもしれんね』と肩専門のお医者様のおられる病院の紹介状を書いて下さった。

 

撮影したMRIを先生に見て頂いた後、衝撃過ぎる診断が下るッッッ!!!

 

 

棘上筋完全断裂。

 

肩の関節唇(上腕骨と肩甲骨を繋ぐ関節を安定させる軟骨で力こぶの筋肉の付着部)の欠損。

 

力こぶの筋肉が万一正しい走行を外れて脱臼していたらその修復。

 

鎖骨が人より太くて肩の筋肉と接触し今回の怪我を招いたので、鎖骨を1ミリ程削る。

 

 

 

、、、俺、何か悪いことしたかな、、、?




嫁のお菓子やジュースを食い散らかした事に対するバチならば、あまりに酷すぎやしないか?

 

 

俺『、、、入院ですか?』

 

ドク『そうなりますね!』

 

俺『ですよね笑、、、因みにどれくらい?』

 

ドク『3週間程です』

 

俺『なに!?』

 

ドク『3週間入院した後リハビリをしてもらいます。かずやんさんのお仕事なら復帰は2ヵ月後ですね。因みに重たい荷物持ったりするのは半年後。キックボクシングや筋トレの再開は8ヵ月後です』

 

俺『そ、そんなにかかるのか!せっかくジムに行って体力付いてきた所やのに!?』

 

散々ダイエットを公言しておいてこのザマやで。
ダイエットどころでは無く、場合によってはペットボトルの蓋すら開けられない程筋力が落ちるらしい。 

 

f:id:k2411219:20191011133806j:image

 

今年の4月に狭心症で入院して、日頃の運動の大切さを実感して実践した結果が退院から半年後の再入院、、、しかも3週間!!

 

最高かよ!!

 

しかも全身麻酔で右肩の固定に至っては実に6週間ッッッ!!!

 

その間リハビリ以外全く右手を使えないらしい。

 

『なんでや!!なんで俺やねん!?誰か他の奴がなればいいのに!!

 

再び自分の不運を呪った。

 

先生は多忙らしく、手術は最短でも11月1日。
完治する頃は来年の初夏あたりか?
それまでは好きな格闘技の練習は出来ない。
今の仕事は車にはガンガン乗るし、重量物も運ぶ、、、どうすりゃええんや!

 

心臓病も落ち着いて少しづつ社会復帰出来てきた途端に再びスタートラインに戻された。

 

しかし怪我をしてしまった以上もはやどうする事も出来ない。
受け入れるしかないのだ。

 

念のために言っておくと、決して激しいトレーニングをしていたわけではない。

 

ダイエッ友の本山と軽めのミット打ちをしていた時に肩に『ゴリ』っと違和感があっただけなのだ。

 

初めは『なんかイテーなー』程度やったのが、日に日に痛みは強くなり、次第に腕は上がらなくなる。
2ヶ月程経って痛くて夜が眠れなくなった頃に初めて受診して、1ヶ月様子を見る事になり、それでも状態が変わらないので再度受診してしっかり検査したら、、、。

 

まさかこんな重傷やったなんて夢にも思わなかった。

 

いわゆるインナーマッスルとカテゴライズされる棘上筋。
比較的非力なマイナー筋肉のくせに痛むときは派手に痛む。
よく五十肩と勘違いして放置している人もいるらしいので、肩の痛みがあれば受診する事をお勧めします。

 

この手の怪我はあまり周囲に伝わらないのが辛い。

 

一人でいる時はのたうち回って『うーん、痛いー!』と呻いているが、外観上の変化は無いので周りはホンマに痛いのかコイツ?くらいの反応。
堪らんわ、、、。

 

苗子は何故かいつも反対の左肩を心配してくる。

 

右肩や、痛いのは!!

 

ほんまは歩くだけでも精一杯やねんからな!お前ら!わかってんか!

 

完全に自業自得やけどな!!!

 

 

クッソー。

 

手術は別にいい。
たとえ派手な傷が残ろうと正直どうでもいい。
そんなことは些細な事なのだ。

 

問題は全身麻酔!!

 

これが怖い!!

 

全身麻酔から目覚めた俺は恐らく

 

かずやんの姿、記憶、人格を持った全く違う生き物になっているのだ。
そして最早それはかずやんでは無い。

 

そんな訳の分からない不安に怯えて手術までの20日間、、、そして手術からの8ヶ月。

 

どうやって過ごすか考えてみよう、、、

 

神が悪魔か知らんが、俺をこんな目に合わせた奴がいるとするならば、タダではすまさんからな、、、!

 

 

まぁええけどな、、、。

 

何故なら狭心症を患った時はブログを書く事を覚えて復活した。

 

今回もなんか収穫して復活したるで!