第51話 復活のキャノンデール! 久々のロードバイクに悲鳴を上げたのは心臓ではなくケツっっっ!!

さあ、今日は朝から快晴やし、一丁走るかー!っと日課になっているランニングの支度をしていると、ふとドクターの言葉がよぎる。

 

『かずやんさん、別にスポーツはしっかりやって頂いても結構ですよ』

 

退院以来、たしかに運動は継続出来ているがあくまでフィジカルトレーニングを中心にしたもの。

ファンクショナルトレーニングと呼ばれる立つ、座る、押す、引く、捻る。跳ぶなど日常動作に因んだ動きを取り入れたリハビリに近い運動を低強度で行い、競技スポーツは控えるようにしていた。

 

競技スポーツといっても大会に出るために激しいトレーニングをするわけでなく、俺の場合は格闘技(キックボクシング、ボクシング、空手)を友達やジムで怪我をしない程度に楽しみ、他に一人でのんびりロードバイクでの山登りや、遠出を狭心症以前によく楽しんでいた。

 

 

ドクターもいいって言ってくれてるし、そういったスポーツをそろそろやってもいい頃やでな?

 

しかし格闘技はミットやサンドバッグならいいが、、、頭部に衝撃を与え合うスパーリングとなると話しは別とドクターからの注意もあり(血がサラサラの薬を飲んでるので、万一ご機嫌な一発をもらって脳内出血すると血が止まらず面白いことになる)比較的衝撃の少ないロードバイクで往復30㌔ほど走ってみよう!!

勿論転倒などして頭打っても怖いから、ヘルメットは当たり前として、スピードも出さずにやで!

 

目指すは車でよく行っている岸和田の道の駅『愛菜ランド』やで!

 

どうせ行くなら新鮮な野菜を買って晩飯にしてやろうじゃないか。

 

 そうと決まればデッパツ!!

 

往復30㌔と言うとよく『遠いじゃん?』と言われるが、専門的なトレーニングをしていないと言う意味で初心者の俺でも然程苦痛にならない。
専門的なトレーニングをしていないと言う事はなんとロードバイクの性能そのものでも、その程度の距離なら楽に移動出来るのだ!

 

走る道にもよるが、何回か乗って少し慣れると3時間で50㌔はカタイ!!

 

その道の変態は『キャノンボール』と呼ばれるチャレンジで24時間以内で大阪から東京まで行くと言うから驚きやで!
電車や飛行機の存在を知らないのかと疑いたくなる。
とてつもないものである。

 

そんな一部の方には当然ながら足元にも及ばないが、俺の様に趣味でのんびりペダルを回すだけでも、大阪ー和歌山や大阪ー琵琶湖、大阪ー明石海峡大橋程度なら日帰りでも十分可能な乗り物がロードバイクやで!

 

俺の愛車はキャノンデールCAAD8!
赤と黒と白カラーの組み合わせに一目惚れ。
ロードバイクのエントリーモデルやが乗った瞬間に今までの自転車観は崩れ去った。
もし機会があれば是非試し乗りをオススメやで!

 

 

そんなこんなで久々のロードバイク
久々やから流石に少しフラついたけど、10分も漕いだら感覚は戻る。

 

しかし、なにか違和感を感じる。
いや、違和感どころではない、痛い!

 

どこが?

心臓!?

 

いや、ケツや!!

 

ロードバイクの硬いサドルは慣れないとケツが痛くなるのだ!
久々に乗った俺のケツはガンガン乗って硬いサドルに慣れていた頃に比べると、元のピュア状態にリセットされた状態!
そして今の肥え太った体重のせいで、サドルは強烈にケツに挟まる。

極め付けはその痛みを防ぐために尻の部分にクッションの入ったロードバイク用のスパッツがあるのだが、そんなものの存在は忘れてしまっていた上に、何故かその日はパンツすら履くことを完全に忘れてしまっていて硬いサドルとケツの間には薄いインナーパッチとナイロンのシャカシャカハーフパンツのみ!

 

不覚!!!

 

しかし一度出発したからには出戻ってパンツを履きに帰るなどプライドに関わる。
『たかが30㌔!』
そう思い、目的地の愛菜ランドを目指した。

 

しかし現実は残酷である。

 

 

あれ、思ったより疲れるぞ!?
そう、言うまでもなく俺はデブなのだ。
和歌山やで!琵琶湖やで!とはしゃいでいた時より実に10㌔の重りを付けている状態、、、ペダルもあの時のように軽いわけがない!

 

ケツに食い込むサドルは次第に凶器へと変わり座る事すらが苦痛へと。

 

しかし平地ならそこはロードバイク

時速25㌔程で巡行しても全く息が上がらない。

 

このままゴリ押しで行ったれ!

 

そう思っていたのだが、あまりにも信号が多く車道が狭い上に大型トラックがバンバン通る道をビビりながらこれ以上走る気になれず、いつも車で向かう愛菜ランドの道を外し、住宅街へと避難。
住宅街は速度を落とすのがマナー!
到着時間が予定より遅れるが、背に腹はかえられん!住宅街の大きめの道を辿り愛菜ランドへ向かう事に。

安全第一やで!

 

そして盛大に迷子。

 

なんとなくコッチやろかとマップも見ずに適当に進んだ結果、目的地へ到着した時には実に2時間経過していた、、、

 

予定では到着まで片道1時間やったんやが、、、
体力は奪われ4〜5パーセント程度と思われる比較的ユル坂ですら脚は千切れそうになり、舗装の雑な道の衝撃にケツも悲鳴をあげ続けたが、、、

 

 

 

なにはともあれ愛菜ランド到着!!

f:id:k2411219:20190621000615j:image

 

 

さぁ、野菜買って車が増える夕方までにサッサと帰るかー!

 

っと向かった野菜売り場。

 

f:id:k2411219:20190621001613j:image

 

定休日!!!

 

 

 

くだらない凡ミスを繰り返すのが俺。
しかし買い物出来ないくらいの出来事は有り余る久々の目的地到着という達成感が拭い去ってくれる。

 

車での遠出も勿論楽しいし、達成感はあるが、自転車は自転車でまた違う達成感があるんよなー!

 

いつも車で来る何気無い場所も、自転車なら思わず写真を撮ってしまう。
これがクセになる!
f:id:k2411219:20190621001550j:image

 

しかし流石に定休日なら長居する必要も無いでな、、、。

 

気を取り直して近くのトンボ池公園へと向かうが、いつも苗子やムーと行く場所と違う区画へ行ってみる事に。
トンボ池公園はとても広いのだ。
これも自転車ならではの機動力があるからこそ!

 

この公園にこんなところあったんや!
自転車なら『小道を散策』これを楽しめるから冒険好きにはたまらない!


f:id:k2411219:20190621001637j:image
f:id:k2411219:20190621001640j:image
f:id:k2411219:20190621001652j:image
f:id:k2411219:20190621001607j:image

カメもおったで!
f:id:k2411219:20190621001633j:image
f:id:k2411219:20190621001619j:image

 

この手の茂みはなんかワクワクするで!f:id:k2411219:20190621001624j:image

 

デカイ滑り台も発見!
f:id:k2411219:20190621001558j:image

 

かなり広い芝生広場!
今度はムーを連れてきたらんとな!!
f:id:k2411219:20190621001648j:image
f:id:k2411219:20190621001554j:image
f:id:k2411219:20190621001628j:image
f:id:k2411219:20190621001610j:image

 

平日なので貸切!
このデカイ公園に俺1人。
贅沢な時間を過ごす。
f:id:k2411219:20190621001602j:image
f:id:k2411219:20190621001546j:image

 

久々に乗ったロードバイクはやっぱりめちゃ楽しい!
しかも体力や体重を元に戻したらもっと爽快なはずと考え、ダイエットのモチベーションも上がるという予想外の効果も!
f:id:k2411219:20190621001644j:image

 

こんな楽しい事を心臓の病気とかしょうもない理由でやめるのはもったいないで!

 

少しづつでもいいからもっと遠くに行けるようにして、頃合いみて北海道や!

 

、、、いや、欲出したらあかんな。

まずはダイエットや、、、集中やで!