第50話 結局よく分からない俺の心臓。

お次はどんな結果が出るのか、不安を胸に病院へと向かった俺と苗子。

 

今回の目的は除脈が頻発し夜眠れずに苦しんでいる事をドクターに相談やで。

何か薬や治療があればいいんやが、、、。

 

徐脈歴=年齢と言えば大袈裟やが、物心ついた時から心臓に違和感を感じていた事もあり、不整脈が当たり前の人生やったが、病気を境にこのままじゃ止まりかねない勢いでユックリ動きやがる心臓について、もっと自分で知っておけば安心するだろうと苗子の意見に従い受診することに。

 

ドクターに自分の症状を告げると、お決まりのとり心一丁!※とりあえず心電図

 

この心電図と言うのが曲者で、30秒か1分の間検査時間に不整脈の症状が出てくれないとドクターもよく分からないようだ。
これまでも何度も心電図を受けているが、症状が出ている状態で検査を受けれたことは少ない。

 

先日受けた24時間ホルターでさえ、装着時に今回苦しんでいるレベルの除脈は出たことはない。

 

しかし今回は違った!

何と心電図検査の最中に不整脈の症状がガッツリ出るという快挙!!

  

見られている時だけ大人しく振る舞うタチの悪いクソガキのような心臓に強烈な一撃を加えるぜ!(死)

 

検査を終え確実に出現した徐脈に手応えならぬ心臓応えを感じ、ドクターの待つ診察室へ戻るとやはり心電図には異常が見受けられたとの事!
やったで!

 

その心電図はドクターの話を聞いてみると、どうやら俺は心室性期外収縮という不整脈を起こしているという。

 

??

 

あれ?

 

俺徐脈じゃねーの?
また新しい名前の診断でてきたがな、、、

 

以前行った病院からは徐脈と診断されたんやが、、、一体?

 

心室性期外収縮は割とポピュラー、、、ってか殆どの成人が大なり小なり持っている不整脈と聞いた。

 

俺が感じた脈の回数が少ないのは、実はイレギュラーな拍動が脈に触知できていないだけで、実際は脈の回数は正常で下がっている訳ではないらしい。

 

となると俺は徐脈ではなく、心室性期外収縮の症状がドギツイ人間って事なのかな?

 

ドクターが仰るには『まぁ、放っておいても問題は無いが、よっぽど症状がキツイのなら、24時間ホルターを付けてみますか?』と。

 

しかしホルターは狭心症の検査の時も付けたし、そんな短期間に何回も付ける意味を感じられず今回は丁重にお断りさせて頂いた。

 

代わりにβ遮断薬という薬を1ヶ月分処方していただき、それを飲んで様子をみた後にまだ不調が続くなら、その時こそもう一度24時間ホルターを付け、今度はとことんまでこの症状が何かを暴くプランにした。

今回は様子見やで、、、。

徐脈なのか心室性期外収縮なのか、はたまた、、、。

 

うーん、結局俺の心臓の不快感の原因は!?

何が何やかサッパリや!!

 

 

しかし収穫もあったで!

 

運動制限の解禁!!

塩分制限の解禁!!

ガンガン運動しても大丈夫との事やで!

 

なんならダイビングも可能で、塩分別に普通に6g以上摂取しても構わないと!

 

運動も食事もどちらも急性期は要注意って事やったのね?

 

俺はてっきり一生モンの話かと!

いや、先生も人が悪いというか、、、

 

 

 

はじめに言うとけや!!!!

 

 

 

いや、言葉のニュアンスってのはある時は相手に全く伝わっていない。

こういう事だってある!

あの時を考えると、生きてるだけで有難い話しなのだ!

 

分からん事や不安な事は、その都度ドクターに相談して潰していくで。

 

 

しかし先生からGOサインが出たからとて、あれだけ酷い目に合わされた狭心症の原因になった生活に戻すような愚行を犯すことはしない。

 

俺はそれなりに懲りたのだ!!

 

そして俺には痩せて昔の全盛期の肉体を取り戻す目標がある!

 

勿論再発の防止には減塩は勿論、その他の食事制限はこのまま継続し、コレステロールを溜め込むような事はしないのが得策やで!

 

 

情報が錯綜して結局徐脈なのか心室性期外収縮なのか俺自身サッパリやが、今すぐ死ぬとかそんな事は無いとの事なので、次回7月22日の検診まで様子を見てみよう!

 

 

それにしても結局なんやねん、、、ややこしい身体やで。