第33話 ダイエットすら出来ないクソみたいな環境から脱出した結果!

ダイエットしようと思っているが、こんな経験はなかろうか?

 

 

夏までに痩せよう!

 

とりあえず来週からやな!

 

体の調子がいい日に始めよう!

 

晴れてたらやろう!

 

朝より夜やな!

 

夜は危ないし明日の朝にしよう!

 

今日やたら朝寒い!

 

あ、来週は暖かい!けど午後から降水確率が!

 

晴れてるし暖かいし、明日休みやし、まだお昼過ぎ。でも今日は腰が痛いような気がする!

 

とりあえず、買い物行って新しいスポーツウェアみてテンション上げよう!

 

ん?なんかいい匂い、、、

 

あーラーメン美味しかった!!!

 

 

 

、、、こんな事をいつまで繰り返すのだろう。

昔はあんなに毎日動いて、走り回って、スポーツが大好きで、、、夢中になってたあの頃。

 

30代後半でいわゆる中年やけど、まだ動けるっちゃ動けるはずやのに、なんでこんなに動くのが面倒なんや?

身体動かすの大好きやったやん!!

 

理由は至って明白。

スポーツやトレーニングを楽しめる余裕がない。

単純やがそれ以外考えられん。

だって身体が元気に動くなら、やらない理由は気持ちしかない。

運動して疲れる勇気がないのだ。

 

この10連休で休みを取れた人は、普段やらない事をやった人は多いのでは無いだろうか?

何故やれたか?

時間があったからだろう。

 

当たり前の事をいっているが、普段から働き詰めになってしまっていたらどうやろ?

疲労で翌日の仕事に影響でたら、、、

万一怪我したら、、、

運転やデスクワークでただでさえ眠気との闘いやのに、、、

そもそも時間が無いので少しでも寝たい、、、

運動なんてとてもとても、、、。

 

勿論それでもやれる人など山程いる。

しかしそれが理由でやれない人も山程いる。

 

こればっかりはいくら超一流のトレーナーや偉大なアスリートの有り難いお言葉でもどうにもならない。

彼らのアドバイスはやる気のある行動人間に対してなのだ。

やらない理由を探し続ける者には馬の耳に念仏。

 

やる気自体は本人が出さなければいけないのだ!

さあ、世の中の30代後半の中年男子!

やる気を出す勇気を!!

 

 

まるで人ごとのように講釈を垂れてみたけど、、、

 

全部俺の事やでな!!!!

 

先日も体重管理がどうとか言ってた癖に、嫁のクッキーを夜中に食べた事に始まり、翌日の朝食はジャムタップリの食パン二枚とアイスクリーム(スーパーカップ)を平らげる。

 

スロージューサー?

あぁ、あのモニュメントの事か?

俺に2、3回も使わせたんなら上出来じゃん?

 

運動ー?

疲れたら買い物行く気しねーじゃん。

じゃなんだ?オメー買い物に行ってくれんの?

いや、むしろ俺が買い物行くから、オメーが代わりに運動しといてくれよブヒブヒー。

 

、、、いや、あかんって。

マジであかんって。

なんか腹立つわー俺。

 

このブログは絶対に、人生リタイヤ無職デブの転落物語であってはならない。

多分面白いけど、そのお話しは俺以外の人物が書く事を強く願う。

いや、むしろもう書ける可能性すら、、、タイトルは『豚仕様』で、、、

 

 

話が逸れているが、そんなスポーツ一つ楽しめない余裕のない、クソみたいな人生ごめんやで!

っと本格的に主夫になり、時間など腐る程ある、、、

 

、、、にも関わらずや!!!

 

お医者様から食いもん気をつけろ、1日1時間週5回は運動しろと言われた、、、

 

、、、にも関わらずや!!!

 

 

 

 

太ってどないすんねんお前!いや、マジで!!!

 

 

f:id:k2411219:20190509174915j:image

 

自称171㎝(実寸169.8㎝)の俺がこの体重ってあかんよ!

ベスト体重64㎏やで!

このままじゃ危ないよ!

いや、すでに危なかった!

 

うーむ、、、しかしこの件に関しての選択肢は残念ながら2つ。

 

やるか。

やらないか。

 

っと言いたいところやが、無慈悲かな、、、。

身体を壊した俺にはやらないと言う選択肢すらない。

 

『やれ!』

 

ただ一つなのだ。

 

俺は健康的に長生きしたい、、、そうギネスを更新できるほど長生きしたいのだ。

ならばやるしかないのだ。

 

 YouTubeで、やる気満々の他人の筋トレ動画をみて運動した気になっている俺の身体には何の変化も起こらない。

 

俺は重い腰を上げた。

 

強い心とか、目標持ってとか、アスリートじゃあるまいし、そんなたいそうなもん掲げなくていい。週3回やら2回やらのペースでやるとかやらんとかは知ったこっちゃない。

俺のような面倒くさがりにはそんな崇高な目標など要らない。

 

とにかく最低中の最低条件、、、これ以下は存在しないであろうダイエット開始の最低条件

 

『今日一日だけやろう』

 

それだけを胸にジムへ向かった。

 

メチャ面倒くさい。

家で晩御飯の献立考えたい。

洗濯機にタイマーを合わせ渋々やで、、、。

 

 

ところが、気持ちの変化は驚くほどにすぐに現れる。

ジムまでは歩いて10分。

俺はわざと大回りして15分かけて向かう。

この歩くという行為が中々の曲者。

不思議なもので人間歩いているとやる気が出るのだ。

交感神経とかそっち系の話しやね。

 

ここで重要なのは、単純にダイエットしたいだけの人間に神経やら生理学的な話しをすると単純なダイエットが小難しくややこしい、、、どこから手をつけていいのか分からない面倒なものになっているんじゃないか?

 

フィットネス雑誌とかまさにそれやで。

アレは読まないに限る。

 

とにかく分からないなりに40分の有酸素トレーニングして食べ物も暴飲暴食に気をつける。

欲を言うと摂取カロリーに気をつけてみたり、炭水化物が多ければ減らしてみる。

はじめはそれだけやればいい。

興味がでたら調べればいいのだ。

 

近くのローソンでホットのブラックを買い、脂肪を燃焼させる準備をして身体を温める。

何故ホットのブラックがいいのか?

それも興味が出れば調べればいい。

『へー運動前にホットコーヒー飲んだら脂肪燃焼に効果あるんや。』

それだけ知っていれば十分やで!

 

あの人はこう言っているけど、あの人はこう言っている。

フィットネス、ダイエット業界は情報がありすぎてもはや訳が分からない。

自分に合って『これなら楽にやれるかも!』をチョイスすれば良いのだ。

 

ウェアやスニーカーだって実感の無い妙な機能のついたウン万円のモノじゃなく、普段の着慣れた、履き慣れたお気に入りのもので十分やで!

ウェアやのシューズやの、そんなものにトータル2万円も使うなら2ヶ月分のジム代、、、行くところによっては3ヶ月分にもなる。

ならばそのお金でジムに通い2〜3ヶ月間頑張って結果出してさっさと退会すればいいのだ。

 

コレをまだなんの結果も出していないメタボ中年が言っている事が1番の驚きやけどな。

 

くっそー今に見とれ、、、。

 

 

俺は自由に楽しい範囲内でダイエットするなら考えたら続かないと思い、無心でジムの扉を開けた。

 

よし!やるでー!!

いざ歩いてジムに到着する頃には身体が温まってやる気満々!

 

 

本当はフリーウェイトしたいのだが、何かあったら危険なので、マシンに徹する。

、、、筈が

 

f:id:k2411219:20190509181432p:plain

しっかりフリーウェイト。

まぁ、血圧が上がりすぎないよう軽目の重量でリハビリやで!

ダンベルプレスなら以前は32キロを扱っていたが、14キロと半分以下。

自分が病人という事を忘れてはいけない。

 

 

仕上げに自転車マシンを10分程漕ぐはずが

 

f:id:k2411219:20190509072201j:image

 

しっかり60分。

心拍は120をキープする予定やったが、上がりすぎていたようなので、次回は負荷を少し下げよう。

 

背もたれのある自転車マシンなら両手が空くので、このブログを書きながらやると60分もあっという間!

 

以前は『運動は集中力が肝心!』っと否定的だった『ながら運動』は自分に向いてる事を発見!

ブレていいのだ。

ブレる柔軟性も必要なのだ。

 

そんな事を考えながらやるとあれだけ面倒やった運動が楽しい!

 

気持ちが乗ってきたぜ!

食事も間食はプロテインとか

 

f:id:k2411219:20190509072323j:image

後は置き換えメシ!

f:id:k2411219:20190509072350j:image

 

しっかり汗かいてドカ食いに注意すると、体重は激減!

『1時間半運動したら2キロも痩せたでー!』

しかしこれはよく『水分が抜けただけで痩せた訳じゃないよ!』

よくそんな事を言うが、体重を測って少なくなっていれば俄然やる気が湧いてくる。

目に見える数字が1番わかりやすい。

 

水分抜けただけなのは紛れもなく事実だが、やる気削ぐような面白くない事言わない。

決して水分が抜けただけと考えずに、痩せたと考えたほうが絶対に面白いし、気持ちいいに決まってる!

 

誰がなんと言おうと、俺は痩せたのだ。

f:id:k2411219:20190509072405j:image

 

 

痩せたからには上がる一方のテンションは夜まで続き、友人の本山氏(元空手家で湯船の温度は47°)を誘ってもう一発夜ランニング!

彼も180㎝と大柄で体重も90㎏ある。15㎏前後の減量が必要との事。

一緒に頑張る仲間がいればよりモチベーションも上がるで!

 

 

30代後半(40代手前とは言わない)男二人が夜な夜な汗だくで走りながら、知人男性が飼っているフェネックの赤ちゃんの写真を見るために一つのスマホに寄り添いながら『ナニコレ!カワイイー!』っとキャッキャしている光景は見るに耐えないものがあったがな。

 

フェネックトークが功を成し、これまた60分を完走!

お陰で更に痩せた!

飯食った後でこれなら上出来!

f:id:k2411219:20190509072446j:image

 

よーし、明日もやる気になったらジム行くか走るかしよう!

 

夏までに痩せるといって痩せた試しが無い。

 

今回は目標など立たずキチンとやるとか言わず、適当にダラダラやってみるでー!

 

でも、ホンマに無理は禁物やで、、、。

 

行動起こしてみてわかったのは、スポーツやトレーニングはやはり楽しい!!

 

ただ楽しかったあの頃の気持ちを、仕事やその他の色々な環境に自分でも気付かない内に面倒クサイものだと塗り替えられているだけなのだ。

 

結論、運動が面倒なのは気のせいやった。

 

継続しなくても、例え一日だけでも動いてみる価値は十分にあるで!!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村