第26話 ステントは友達!

終止符と言っても課題は山積みやで、、、


今すぐ死ぬ訳じゃなくなったが生き方次第ですぐにまた、、、

うん、全然終止符と違う。

 

むしろこれからやでな!

 

先生によるとやはり薬は少なくとも一年は飲むようにして、具合が良ければ、種類を減らすようにするとのこと。

 

今回詰まった血管は無事にステントで通せたが、他の血管にも予備軍がウジャウジャいるらしい。

 

見せて頂いた心臓の写真では、血管の内側が凸凹になっていて、素人目にも詰まりそうになっている箇所が多数確認できた。


以前のような喫煙や暴飲暴食(酒は飲めないが)生活を送っていると今回のような重大な病気にかかり、今後も突然死がリスクも消えたわけではない。


川崎病の後遺症に心臓の血管に障害を残す事があるらしいが、川崎病の既往など少なくとも俺の記憶に無いし、母親からも聞いた事がない。

原因はやっぱ乱れた生活だったのか?

 

f:id:k2411219:20190420083004p:plain

f:id:k2411219:20190420083452p:plain

 

 

 

 

 


気になる先生の一言『不摂生では説明がつかないほど心臓のダメージが酷い。我々も理由がわからない。』


生まれ持ってのもんか?


まぁなってもーたもんは仕方ない。
この仕様で生きて行くしかないのだ。

 

 

俺仕様やで!!

 

 

無事にタイトル回収できたところで、実際ステントを入れた感想は、確かに胸の痛みはサッパリ消えた。
先日まで階段を登るのも辛かったのだが、、、えらいもんやで。

 

とにかくいきなりステント手術となったので知識が乏しい。
まだガッツリと調べてはないが、高齢者向けの狭心症マニュアルはあるが、僕のように比較的若い年齢での狭心症の情報って少ない気がする。

 


手探りでいってもいいが、スタートラインは欲しい。先ずは禁煙、食事の見直しは大前提として、他に日常生活での絶対的な禁忌だけは把握してから色々試してみよう。

 

アレしても大丈夫?コレしても大丈夫?と先生に聞いてOK出して、それでいきなり逝かれたら困るだろうし、『やめた方が良い』しか言わないのは立場上当たり前。
ここまで回復させてくれただけで万々歳なのだ。

 

退院日は割とあっさりしていて、僕はココアをゆっくり飲みすぎて小一時間ほど遅刻する嫁が迎えに来てくれる前に、さっさと病室を後にした。
1秒でもはやく外に出て俺は病院周辺の散歩を試みた。


胸が痛くない!

 

あれだけ動く毎に出ていた胸の痛みがまるで無い!コレはもう暴れたりしても大丈夫なんじゃねーか!?


軽く小走りでもしてやろうと思ったその時、予想外の出来事が。


『、、、怖いな、、、まさか衝撃でズレたりしねーよな?』

 

無知故に、ステントという自分の新しい部位に全く信頼が無いのだ。


38年間付き合ってきた自分の身体なら何をどうしたらこうなる。ここまでが限界ってのは把握しているが、昨日今日いきなり自分のパーツとして、しかも自分の命を預けるパーツとして入ってきたこのステントを全く信頼していない事に気がついた。
信頼関係ってのは大事だ。
コレがなけりゃ話しにならん。

 

出来る事、出来ない事、やらなければならない事、絶対やってはならない事、やはりコレを早く調べねば、小走りにすら躊躇するクソの役にも立たない無用の長物の出来上がりとなってしまう。

 

まぁ最低でも一週間は安静と言われてるし、本でも買って勉強するか!!

 

そして嫁とともに帰路へとついた。

いつもいつもありがとうな!

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

「狭心症・心筋梗塞」と言われたら… お医者さんの話がよくわかるから安心できる [ 川名正敏 ]

価格:1,620円
(2019/4/20 08:49時点)
感想(0件)

【中古】 狭心症・心筋梗塞がわかる本 心臓病で死んでたまるか! / 大八木 明 / 池田書店 [単行本]【ネコポス発送】

価格:299円
(2019/4/20 09:00時点)
感想(0件)