第25話 ステント治療

かずやん『筋トレ出来ないんですか!?』

 

お医者さんに『あなた死にますよ』と言われてからの第一声が『筋トレ出来ないんですか!?』

 

これは本当によく言えたな俺、、、自分で自分を褒めたい。

 

その後も看護師の嫁が色々と専門的な質問してくれているが、俺に質問が回ってくると『筋トレは?』と見事に筋トレが出来るかどうかの質問しかしていない。

 

テンパりが極まったバカに更に小難しい話しで追い打ちを掛けるとこうなるのだ。

 

どうも俺の心臓は予想をはるかに超える超絶劣化で、左回旋枝という血管がゴミやらカスやらで99%塞がっていたらしい。

 

血管年齢は70歳から80歳。突然死の可能性は十二分にある。

 

先生方も『なぜかずやんさんの年齢でこんな状態の心臓になってしまったのか、我々も衝撃を受けたました』と言ってたな。

 

心当たりはまぁ、タバコと食いもんだろうか?

普段の睡眠も4時間とか5時間でストレスも溜め込む方やし、、、それでもその程度の不摂生では説明がつかない程、とにかく酷い状態だったらしい。

 

狭心症に拘って色んな病院に食らいついたのが幸いで早期発見に繋がったとの事。いつ死んでも、、、今死んでもおかしくない状態。


見つけて頂いた先生には本当に感謝しかありません!!!


あっちこっち行ってシンドかったけど、正解やったならそれでいい。

 

さあ、薬を飲んで動けるようになったら早速筋トレや!
先生方、ありがとうございました!!この御恩は一生忘れません!

 

その時先生から信じられない言葉が、、、

 


先生『心臓が悪すぎるんで、もう一回カテーテルして心臓にステント入れましょう』

 

 

 

かずやん『なに!?』

 

 

 

 

 

、、、あまり理解していなかったようだが本当に本当に思った以上にダメな状態らしい。

 

3日後に、もう一回同じ右手首からカテーテルを入れ、今度は検査ではなく治療の為のステントと呼ばれる金属を、塞がった心臓の血管に入れて内側から膨らまして血の流れをスムーズにするという。

 

百聞は一見に如かず。

 

f:id:k2411219:20190419201619p:plain

、、、ということです。

 

もう二度と受けたくないと思ったカテーテルだが、、、気丈に振る舞う嫁に、もう十分無様なのだが、これ以上取り乱して恥をかくワケにはいかない。

 

入院も5日間延長となり、職場にもご迷惑をお掛けする事となった。

身も心も疲れきっている。

しかしながら食欲には全く影響は出ない。

 

f:id:k2411219:20190419161316p:plain

f:id:k2411219:20190419161339p:plain

 

 

 

でも実感ないでなぁ、、、

 

目の前に死をリアルに突きつけられても本当に自分が死ぬとは思えない。実際運動していない時はピンピンしている。
どこかまだ他人事のような、、、なんやかんやで死なんのと違う?

 

今の仕事はどうしよう、、、もう体力仕事はできないのかな、、、?

 

これから一生血がサラサラになる薬飲まなアカンから、仲間内で集まってやる格闘技の練習も、頭部の打撃で万一脳出血したら大変な事になるからやらないのが無難と。

f:id:k2411219:20190419211720j:image

 

ロードバイクで遠出もしたいが、心拍が上がるヒルクライムはダメ。

頑張ってキャノンデール買ったんやぞ、、、

f:id:k2411219:20190419211733j:image

 

ダイビングの禁忌に狭心症って入ってたよな、、、もうできないのかな?

f:id:k2411219:20190419212253j:image

 

食い物も好き放題食えんやろなー。
普段は摂生してたら月一回のワンカルビ会には参加できるのかな?

f:id:k2411219:20190419212630p:image

 

憧れやった世界一周旅は、、、

 

次から次へと思いが駆け巡りひとしきり考え終わった後、猛烈に凹んだ。

 

なんやこれ、もう余生じゃねーか、、、


こんな形で治療したとしてもその後の人生制限だらけ、、、まだ38歳やぞ、、、

 

ふと嫁さんの事が頭によぎる。
去年の6月に式を挙げたばかりで、旦那が棺桶に片足突っ込んでしまって、、、
嫁さんは本当にいい奴で、小さい頃から苦労してて、、未だにいつもダメな俺を支えてくれて苦労かけて、、、こんな恩を仇で返すような事してたらあかん!


実感が無いとか寝ぼけた事言ってる場合じゃなく、俺はこのままやと死ぬんや!世界一周出来なくてもどんな不自由があっても長生きしたい!死にたく無い、受け入れろ!

まずは手術を受けて、今死んでもおかしくない状態を切り抜ける事が最優先や!
筋トレやらそんなことは後からどうにでもなるし、どうにもならんくてもどうにでもなる!
とにかく生きるのが最優先やで!

 

夜な夜な急に火がついて手術を受けて絶対長生きすると一人勝手に誓う。


カテーテルがなんや!

俺よりシンドイ思いしている人は入院中に何人も見た!それでもしっかり生きてる人など世の中沢山いてる!

例え完治せずに制限だらけの人生になっても、手術で長生きできるのなら何回でも受けてやる!!

 

手首『!?』

 

 

それから手術当日まで色んな事を考え、手術が終わったらこのブログを始め、負けない狭心症人生を送って行こうと決意した。


もし狭心症で落ち込んでる方がこれを読んで『こんな変な奴でも狭心症って立ち向かえるんや』とか『こんな病気かかった奴が、これからどんな生き方していくんや?』って思って貰えたら面白いじゃないか。

せっかく狭心症になったんなら、それなりの楽しみ方が絶対にあるはず。

 

負けるかよ!!!!

 

そしていよいよステントを放り込む手術当日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく恐ろしい!!

 

やっぱり嫌や!この手術嫌や!!
生きた心地がしない!
死ぬ実感しかない!!


なんで俺がこんな目にッ!誰か他の奴がなればいいのにッッッ!!

 

先日まで思っていた俺よりシンドイ思いしている人とやらは微塵もよぎらない。

 

 

『あぁ、、、死ぬまでにもう一度アメリカを冒険したかった、、、』

 

 

結局は自分が一番かわいい俺の不安とは裏腹に、手術は順調に進む。

 

 

2度目ということもあり流石に術後に失神する事もなく、2時間と聞いていた手術も1時間かからずに終了。

 

先生マジで神様、、、

 

 

とにかく長かった胸の痛みに終止符を打つ事が出来た。

 

 

 

 

たまらんわん

 

f:id:k2411219:20190330010040j:plain

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村